災害を考慮して不動産選びするポイントとは?

災害はいつどこで発生するか分かりませんが、新生活の物件を探すなら災害対策も意識して不動産選びするのがオススメですよ。

築年数が古い家は安いかもしれませんが、安全面を考慮して2000年の新しい耐震基準で建てられた物件を選ぶと良いでしょう。

物件によっては、耐震や免震や制振など地震に強い構造で建てられている場合もありますので、可能な限り建物の構造についても事前に確認しておきましょう。

また、地域によって地盤の強さが異なるため、ハザードマップで災害リスクについて調べてみましょう。

古い地図や旧地名からも、その土地の特徴について知る事ができますので調べてみると良いでしょう。

下の階や地下は水害や震災で被害に遭うリスクが考えられますので、安心して住める住まいを探しましょう。


コメントを残す