自宅の家具で防災対策をしよう!

災害で怪我をしないための防災対策では、家具の転倒防止対策が大切ですよ。

家具を安全に配置するためには、クローゼットなどへ集中的に収納して設置する家具自体を減らしたり、家具の配置では避難の妨げになるようなドアの近くには置かないようにしたり、寝ている時に自分自身が怪我しないような配置を考えましょう。

家具の方向や位置を変えてみたり、倒れ方を予測して家具を設置する事が大切なのです。

家具の転倒防止では、L型の金具が効果的だと言われていますが、壁にネジが使えないご家庭ならポールやマットやストッパーなどを活用して対策しましょう。

ガラスの飛散を防止するためには、防止のためのフィルムを貼り付けると良いとされていますが、カーテンをかけておく事によって室内への飛散はある程度防げるのだそうです。


コメントを残す