救急車がゆっくり走る意味

救急車がサイレンを鳴らすのは緊急性を意味しており、患者さんの命が掛かっており、いっこくも早く到着して病院へ送り届けなければなりません。

しかし、急ぐ必要があるにも関わらずゆっくり走っている救急車がいるかと思います。通常オンである「ピーポー」のほかに「ウー」という音があります。
この音は交差点に侵入する際追い越しをかける際などの対向車や青信号ですすむ車、歩行者への注意喚起として鳴らします。

他にも音があり、「住宅モード」では通常のサイレンを数オクターブ下げた音になります。ハーモニックサイレンは通常の音に低い音を合わせた8和音の電子オルガンのような音がします。これは遠くまで音が響かないので、近隣や入院患者の配慮に貢献しているそうです。


コメントを残す