防災の備え

防災をする際にはどんな状態であっても皆さんが主体的に備えるということが非常に重要であるということを解説されています。そしてそのときイできることを精一杯やること、いかなる自然の災害が合ったとしても各過程やご自信でもっていただくことが大事であるかと思います。

都市部では被災人工が多いということで、助けに九手下さる確立が低くなってしまう覚悟をもって最初の3日間72時間自力で生き延びるということを自助でしっかりと備えることが重要です。

二次災害の備えを万全にして帰宅経路周辺の火災や交通パニックや停電や上下水道などを想定することが必要です。


コメントを残す