避難所で活躍する段ボールベッド

避難所での生活というと集団で雑魚寝で、プライバシーもない状況を思い浮かべますよね。
この雑魚寝での生活は、床にたまったほこりを吸い込んだり、エコノミー症候群、廃用症候群といった2次健康被害が問題視されていました。廃用症候群は、災害前までは日常に支障をきたすことなく生活できていた高齢者の方が寝たきりの状態が長く続くことにより筋肉や関節などが萎縮してしまい、その後も寝たきりで起き上がって生活ができなくなってしまうため重要な問題でした。

そこで最近では、避難所に段ボール製の簡易ベッドが設置されるなりました。
簡単に作ることができ、高齢者でも寝起きを楽に行えるので、2次健康被害の予防をはじめ、プライバシーの確保もできるので避難所生活の質も向上させています。

動画では、実際の避難所での作っている様子や使い心地の感想を紹介しています。



コメントを残す