ダンボールパーテーション

災害により避難所での生活を余儀なくされてしまうと、突然見ず知らずの人と隣り合わせで生活することになります。初めのうちは災害による恐怖と不安で、肩を寄せ合い・手と手を取り合い過ごせていても、やがて状況が落ち着いてくとプライバシーに関する問題が浮上してきますよね。
避難所の間仕切り設置は、時期や地域性などにより難しいところであり、早すぎると住民同士の顔や様子が分からないということで不安感を増幅させてしまったり、避難者同士互いに協力し良好な関係性により設置する必要性がなくなるケースもあります。
ですが、やはり女性であったり希薄な関係のところでは、プライバシーの確保は大事な事柄になります。

動画で紹介されているのは、工具を使うことなく誰でも簡単に組み立てられる避難所用ダンボールパーテーションで、避難所で最低限のプライバシーを確保しストレスを軽減できます。
使用する機会がないことが一番ですが、もしもの時に備えておくことも大事ですよね。



コメントを残す